距離が長くなればなるほど騎手、は本当か。

こんばんは!
うまとみらいとサポート担当の菊池です!

菊花賞、終わりましたね。。

1番人気ブラストワンピースはまさかの馬券外、
そして3着にはまさかのユーキャンスマイルが入り、
三連単では配当が10万円を超える荒れたレースとなりました。

菊花賞は3,000mの長距離ですが、
やはり距離が長くなればなるほど騎手の力がレースに及ぼす度合いが大きくなる、
というのは本当なんでしょうか。

そういう意味では、
やはり武豊騎手はさすがだなという感じ。

ユーキャンスマイルは過去成績もけっこういいので、
上位人気でも決しておかしくはないのかなと思いましたが、
他の有力馬たちのネームバリューが勝って、
ちょっとそれに隠れていた印象です。

で、1着に入ったのは、
人気的には7番と、こちらも言ってみれば想定外のフィエールマン。

フィエールマンはルメールを初めて鞍上に迎えた形ですが、
ルメールは何の問題もなくこなしていましたね。

そして2着のエタリオウはデムーロ。

今回馬券に絡んだ馬は、
7番人気、2番人気、10番人気ですが、それぞれの騎手を見れば、
ルメール、デムーロ、武豊と、超優秀な3人の騎手だったので、
「長距離は騎手」が本当なんだとすれば、順当な結果と言えるのでしょうか。

競馬って奥が深い。

僕は今日、菊花賞だけで見れば結果はマイナスでした。

ただ京都9Rと京都10Rでワイドが的中し、
なんとかプラスで終わりました!

これは今日僕のブログでも紹介した、
上位殿堂馬を使って予想したのですが、
9Rと10Rは上位6頭の中からいい感じに入ってくれたので、
プラスになってくれました!

今週もしっかり振り返って、
来週のレースに臨みたいと思います!


(※↑僕、、、ではありません。)

それではまた!
失礼します!

Pちゃん(菊池)を応援したい方はハートをクリック
応援する! 2
Loading...