小倉2歳ステークス予想!

こんばんは!
うまとみらいと運営サポートの菊池です!

うまとみ運営サポート、菊池による週末予想ですが、
今週も変わらずお届けしていきます!

という事で今週の予想ですが、

今週は、

小倉11R 小倉2歳ステークス

を予想していきたいと思います!

このレースも思わず予想したくなるレースです^^

この小倉2歳ステークスは、

・血統
・レース傾向

特にこの2点から分析をしてみたいと思います!

まず血統について。

この小倉2歳ステークスにおいての血統を見てみると、
父が非サンデー系で、特にスプリント適性の高い(つまり短距離が得意)血統が、
良い成績を収めている事がわかりました。

直近2年はいずれも非サンデー系を父に持つ馬が、
なんと1~3着を独占しております。

昨年は、

1着ファンタジスト、3着ミヤジシルフィードが、
キングカメハメハ系のロードカナロア産駒、

2着アズマヘリテージが、
グレイソヴリン系のトーセンジョーダン産駒。

一昨年は、

1着アサクサゲンキがストーミーアトランティック産駒、
2着アイアンクローがアドマイヤムーン産駒、
3着バーニングペスカがパイロ産駒。

これは、
ロードカナロアやアドマイヤムーンなど、
スプリント適性が高い血統が好走傾向にある事を示しています。

今年の小倉2歳ステークスで言うと、

・テーオーマルクス
・トリプルエース
・ホープホワイト

がこの血統に当てはまる事になります!

以上は「このレースは非サンデー系が有利」とのお話ですが、
一方で、「サンデー系はまったく走らないか」というと、
そうでもないです。

サンデー系の場合は、
スピード型のサンデー系、特に、
ダイワメジャー産駒かフジキセキの血統があると、
これは好走の可能性があります。

というのも、
4年前の2015年はスピード型サンデー系で、
1着から3着までを独占しているからです。

2016年はスピード型サンデー系であるダイワメジャー産駒のレーヌミノルが1着、
3着がアグネスタキオンの後継種牡馬キャプテントゥーレ産駒のカシノマスト。

2015年はスピード型サンデー系でフジキセキの後継種牡馬である、
キンシャサノキセキ産駒のシュウジ、
サイモントルナーレが1着、2着、ダイワメジャー産駒のレッドラウダが3着と、
スピード型サンデー系で1着から3着までを独占。

サンデー系の中でもスピード型サンデー系、
そしてスピード型サンデー系の中でも、
ダイワメジャー産駒やフジキセキの血統を持つ馬の流れで好走傾向にあります。

この条件に当てはまる馬は、

・カイルアコナ
・ヒメサマ

そして続いて、
レース傾向について。

この小倉2歳ステークスは、
前走の脚質『先行馬』が走る傾向にあります。

過去5年成績の前走脚質別成績では、
先行馬が3-2-2-27/34で、
勝率8.8%。

連対率14.7%、複勝率20.6%と好成績。
回収率は単勝回収率380%、複勝回収率117%と、
優秀な成績を収めています。

前走の脚質が先行馬なのは、

・カリニート
・シゲルミズガメザ
・ゼンノジャスタ
・マイネルグリット
・ラウダシオン

です。

これらのデータを加味して、
そこから少し広めに馬を選びました。

こちらが僕の結論です!

03番カイルアコナ

05番ラウダシオン

06番トリプルエース

07番マイネルグリット

09番カリニート

この5頭です!

もちろん当日のオッズや、
うまとみらいとの各サービスも見てみて、
これらの馬以外も馬券に絡めて良いと思いますが、
上記の5頭はかなり有力と考えています!

いつも通り推奨頭数が少ないので、
馬連・馬単、ワイド、単勝・複勝に入れてみてもいいと思います!

という事で、
ぜひ参考にしてみてください!

以上、菊池からでした!

P.S.

また、僕の他にも、
うまとみ予想陣、各スタッフも、
ブログを執筆しております!

予想に役立つ情報がたくさんあるので、
ぜひ読んでみてくださいね^^

うまとみ競馬ブログ

Pちゃん(菊池)を応援したい方はハートをクリック
応援する! 2
Loading...