私も実践している『軸馬の選定法』

お世話になります。alt"神田勘助"

ヒットメイクの神田勘助です。

これまでメールやブログで、

「軸馬の選定法」について伝えしてきましたね。

このブログでは、

私も参考にしている「軸馬の選定法」の1つ、

「前走の着順から予想する」

をお教えしたいと思います。

大前提として軸馬は「人気上位3頭」から選ぶ

alt"Horse racing"

まず大前提として、

競馬で軸馬を選ぶときは、「人気馬」から選ぶようにしましょう。

これは予想家の考え方によっては変わってきますが、

安定した的中を手にし、

着実に利益を積み重ねるのであれば、

「人気馬」を軸にすべきだと考えています。

まれに「穴馬を軸にして高配当を手にするべきだ」と考える人もいます。

確かに、人気馬が来ず、荒れたレースになれば

配当が大きくなるのは確かです。

でも的中率は一気に落ちます。

データから見れば分かる通り、

10~18頭以上いる中から、隠れた実力馬を見つけるのは至難の業。

人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 32.70% 51.00% 63.80%
2番人気 18.90% 37.50% 51.60%
3番人気 13.50% 28.10% 41.90%
4番人気 9.00% 20.70% 32.40%
5番人気 7.10% 16.00% 26.40%
6番人気 5.60% 13.00% 21.90%
7番人気 4.10% 9.80% 16.70%
8番人気 2.90% 7.10% 13.00%

※中央競馬場での過去3年間(2021 年.2020 年.2019 年)の

全レースを対象としたデータ

なので的中率は一気に落ちてしまいます。

だからこそ、

大前提として「人気上位3頭」を軸にして、

馬券を買ってみてください。

※人気上位3頭以内の馬の複勝率は90%を超えますからね。

前走の着順から軸馬を見極める

alt"Horse racing"

私は「前走の着順」を見て軸馬を見極めることもしています。

前走に好走した馬は、

次も好走する可能性も高いですからね。

ここであなたは、

「前走1着の馬を軸にしたほうが良いのかな?」

と考えたかもしれませんね。

でもそれは間違いです。

それはデータを見て見ればわかる通り、

前走1着馬の勝率は2着馬よりも低いです。

前確定着順 勝率 連対率 複勝率
前走1着 10.00% 19.40% 27.90%
前走2着 19.70% 35.70% 48.40%
前走3着 14.10% 26.50% 38.50%
前走4着 10.60% 21.10% 31.60%
前走5着 7.80% 16.30% 25.40%
前走6~9着 5.10% 11.00% 17.50%
前走10着~ 2.60% 6.00% 9.90%

※中央競馬場での過去3年間(2019年8月17日~2022年7月31日)の

全レースを対象としたデータ

この理由としては、

1着になった馬は昇級馬となり、

次走でクラスが変わる可能性があるからですね。

だから成績が上がりにくい傾向にあります。

逆に前走2着だった馬は、

次走で好走する可能性も高いんです。

ぜひあなたも前走を確認してみて、

軸馬を選定してみてくださいね。

まとめ

本日の記事では、

私も実践している「軸馬の選定法」を解説しました。

・軸馬は人気上位3頭から選ぶ事

・その3頭の中でも前走好走した馬を選ぶ事

・前走1着の馬は昇級馬であることが多く、

必ずしも次走好走するとは限らないこと。

この3つを意識して、

ぜひ軸馬を選んでみてくださいね。

それでは、

失礼いたします。